一度にきた災害とは言い切れない今回の豪雨について、天候の回復から1週間といった曖昧な節目になってしまいますが、
7日7日頃まで豪雨は降り続けたそうです。

豪雨のご被害に遭われた方々に心よりお見舞い申し上げます。

雨雲が過ぎ去ったあとは、嘘のような酷暑が続いております。
熱中症対策はしっかりと行ってください。

17日からは通勤通学が再開されたそうで、代替輸送のバスなどで会社や学校に通っている方も多くいるとのことです。
少しづつ状況が進展していることを嬉しく思いつつも、ここのところの酷暑が心配ですね。

全国的な猛暑。熱中症は重症となると体内のタンパク質が変質(固まってしまう)してしまい、
最悪死に至ります。

・高温注意報が出た際の外出は極力避けましょう。

・水分補給のみの対策で熱中症となっている方も多くいるとのことです。
塩分も併せて補給し、止むを得ず長時間外にいなければならない場合は、
水分補給だけでなく風通しの良く直射日光の当たらない場所で適度に休憩をしましょう。

・これだけの暑さだとペットのいる家庭のエアコンも運転させたまま外出するのが推奨されています。
留守番をしている小さな家族のためにも、エアコンの稼働が難しい場合は、
体を冷やせる場所を作ったりなどの工夫をしてあげましょう。

熱中症の疑いがある場合は無理せず涼しい場所で休みましょう。
熱中症と思われる体の不調は、風邪と同じく即日回復するものではありません。
重症となる前にきちんとした休息を摂りましょう。

睡眠不足や栄養不足は、夏風邪はもちろん熱中症も誘発します。
熱中症にならないためにも質の良い睡眠を確保しましょう。