残暑お見舞い申し上げます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

お盆休みも終わり、すっかり涼しくなりましたね。

お盆中の暑さのおかげか、はたまた台風のせいか、すっかり秋の気配を感じる陽気となった今日です。
秋雨、秋霖といわれる季節となり不安定な天気なのが少し憂鬱ですね。

そんな気温の変動もあり、体調を崩しやすいかと思われます。
寝苦しかった夜も過ごし易くなりましたので、寝冷えにはお気をつけくださいね。

寝冷えといえば初冬など、寒くなる季節になりがちな印象ですが、気温が下がり始めた夏の終わりにもなる可能性があります。

寝冷えの症状は、腹痛・下痢・頭痛・発熱・喉の痛みなど、風邪ともいえるものです。
原因は、その名の通り寝ている間に体が冷えてしまうことと、冷えを予防しようとした結果寝汗をかいてしまいその結果却って体が冷えてしまう、というものがあります。

たくさんの血が通う臓器を冷やさないように胴体にはタオルケットや薄い布団をかけるか、暑さで布団を剥いでしまう人は腹巻などがおすすめです。

かくいう私も、季節の変わり目の急激な気温の変動に体を順応させていのは苦手な方です。
暦の上では秋ですが、まだまだ暑さも続きそうです。

夏バテや寝冷えによる夏風邪はまだまだ油断できません。
しっかりとした睡眠と食事は心がけていきたいところですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*